新橋現場塗装の工事例

■海老名ジャンクション工事例


新橋の現場塗装をさせていただきました

その他新橋現場塗装工事例


現場塗装工事

現場塗装工事

天竜橋工事例



継手部塗装の工事例

■継手部塗装
鉄骨の、継手部はボルトを締めて、すぐに錆がでます。
ボルト1本1本、丁寧にケレンをするのが非常に重要です。

BOX桁内面継手部塗装
BOX桁内面のボルトはピカピカになるまでサンダーでさびを落とし、
下塗を重ね、さびの発生を防ぎます。何十年もさびの発生を防ぎます。

現場継手部塗装
現場で組み立てた鉄骨の継手部塗装
@電動サンダーを使用しボルトを一本一本光沢が出るまでサビを落とす。
ABボルトは長期の耐久性が求められる為、塗装を5〜6回塗り重ねます。

BOX桁内
@素地調整A塗装
橋桁の内側はこの様に多くのボルトで連結されています。

*塗装メニュー*

 

StaffBlog(スタッフブログ)情報

安保塗装スタッフが「ナガブロ」で
日々のあれこれをつぶやいています。
ぜひ、こちらもご覧ください!